心リッチレシピ:周りに漂うざわざわ感に引きずられないために

最終更新: 1月23日


今週も 心リッチに過ごす 星と花のスペシャルレシピ①


旧正月を目前に、シンガポールでは旧正月のお飾りが街の至る所で見られるようになってきました。旧正月は、日本のお正月にも似ていて、日常使うもの、ベッドカバーやタオルなどを新調するという風習があります。そんなことからも、シンガポールではクリスマスに引き続き、人々の購買力が一年の中で最も高まる時期でもあります。


日本でも大型連休前やクリスマス前など、人々のワクワクと、楽しみにしている旅行などで心が浮つく人が増え、物を買って揃えたり、プレゼントを用意するなど人々の購買力が高まる時期は、全体としてざわざわとした空気感になります。特に人混みの多いところはその空気感が一層強まります。


今回は、こんな周りに漂うざわざわ感があるときに、自分のバランスを取るレシピをお届けします。


世の中にある万物、そして私たちの感情、思考の癖などは、すべてエレメントごとにカテゴリー分けすることができます。一見複雑に、そして規則性がないように見える私たちの身の回りで起こっていることや人々の行動は、エレメントという古代ギリシャの時代から使われている「火・土・風・水」の4つのカテゴリーに分けることができます。これは、物事を単純化して現実に起こっていることから目をそらすのではなく、カテゴリー分けして、4つのエレメントごとの関連性を導き出すことで、物事の本質が見えたり、複雑で解決できないかもと思っていたところに解決の糸口を見つけることができたり、はたまたいくら試しても効きが悪いと思っていた自然療法の処方の腕が上がったりと、私たちの人生の様々な場面でとても使い勝手のいいツールとなります。


エレメントという観点からみると、この「ざわざわ感」は、動いている状態なので、エレメントの下側、「火・風」に位置します。


この「ざわざわ感」を調整したい場合は、その逆のエレメントの性質を持つものが相殺の波動をまとっています。今回の例でいうと、火・風のエレメントである「ざわざわ感」は、土・水のエレメントのもので調整が可能です。



これから人混みの多い場所に買い物に行かなくてはいけない、人混みの多い場所で人に会わなくてはいけない場合。周りの流れに巻き込まれずに自分の考えをクリアーに持っておきたいという場合は、「土」のエレメントを持つものが助けてくれます。土、つまりグラウンディングをすることで、自分という軸をキープすることができます。私がよく使うのは、スモーキークオーツという水晶。色はクリアーな茶色。まさに「土」の色ですね。スモーキークオーツのネックレスやブレスレットを持っている方は試してみてください。私はスモーキークオーツのタンブルをブラのなかに入れて出かけることもあります。


クリスタルにあまりなじみのないという方は、「土」のエレメントを持つ色の洋服を着るだけでも効果があります。色はそれ自体波動を持ちます。土のエレメントに含まれる色は、茶色、紺色、深緑などです。これらの色を下半身にもってくる、つまりこの色のスカートやパンツを履くことで、グラウンディングを司る第1チャクラを補強させることができます。スカートであれば長め、パンツだったらワイドパンツなど、その色の範囲が大きいとさらに効果があります。


オフィスで浮き足立った人たちが多くてざわざわしている時。そんな環境でも自分の仕事に集中したい、頭を使う作業を捗らせたい、という時は、ラピスラズリやカイヤナイトなどの濃紺のクリスタルが助けてくれます。濃紺は、第三の目と呼ばれる第六チャクラにも対応する波動です。思考力を高めてくれます。


「土」のエレメントの波動を持つハーブティーやクリスタルウォーターを片手に仕事をするのもいいでしょう。


ノマド的な仕事の仕方をしている方は、こういう時は「土」のエレメントを持つ場所を選ぶと効率が上がります。あまり明るすぎない適度に暗さのある、だだっ広くないこじんまりとしているけど、パーソナルスペースはある程度確保されているようなカフェや図書館の一角など、私にとっての「土的なお気に入りの場所」をいくつか持っておくと、その時々で使い分けて快適に効率的に過ごすことができます。




そんなざわざわ感で不安定な気持ちになった時、どんなフラワーレメディを選んだらよいでしょうか。


フラワーレメディには、「タイプレメディ」と「ムードレメディ」があります。前者は、いつもイライラしていたり、寂しいと思っていたり等、中長期の思考・感情に対応するもので、通常は1、2週間飲んでいただきます。こう行った短期的な又は突発的な「気分」を癒すのは、ムードレメディの方です。


街や人が浮き足立っているこの季節、その空気感にどうも馴染めない、居心地が悪い、そう行った意味でなんとなく不安になる、そんな方には「ウォルナット」をお勧めします。人混みに出なければならないその前後に数滴ほど飲んでいただくと、そんな環境も大丈夫と思えたり、ざわざわ感が気にならなくなるかもしれません。


又、周りの人や物事に振り回されることなく、グラウンディングしたい、落ち着きたい、やるべきことに集中したい、そんな場合は「クレマチス」のレメディです。気持ちがふわふわして「心ここに在らず」の状態から、一旦落ち着いて心と体を一致させ、地に足のついた生活ができるようになります。必要な時に数滴飲むといいでしょう。これは「レスキューレメディ(心の緊急時のために予め5種類のレメディがミックスされているもの)」に入っているので、レスキューレメディを持ち歩くのも良いかもしれません。


来週は、ざわざわしたところから家に帰ってきたけど、その波動に巻かれてなかなか心と頭が落ち着かない、という場合に使える「水」のエレメントを纏ったものたちのお話をしていきたいと思います。来週の水曜日もみなさま楽しみにお待ちくださいませ。今週もみなさまの毎日が心リッチでありますように🙏

94回の閲覧

​© 2023 by Bach Flower Remedies and Element Matrix